浮気調査には探偵を雇うのが効果的

どんなに愛に支えられたカップルや夫婦であったとしても、ちょっとしたボタンの掛け違いや軽い気持ちから相手が浮気に走ってしまうことはよくあることです。こういった時、浮気している本人はそのスリルを味わうことで極めて楽しいひと時を過ごせるでしょうが、そうしたパートナーを待つ身にとってみればそれは地獄にも等しいツラいひと時となります。実際、こうした状況に苛まれ、疑心暗鬼が募るばかりで心を病んでしまう人も多いもの。こうしたケースを回避するためにも、まずは悩むばかりではなく本格的に夫の浮気調査を行うことで事実関係をハッキリすると良いでしょう。それにはまず浮気調査のプロである探偵を雇うことが大きな助けとなります。

浮気調査において探偵は、主にターゲットの張り込み、尾行、周囲への聞き込みによって浮気の有無を確認し、もしもターゲットが浮気相手と逢うような決定的な場面に遭遇した際には、写真や動画、音声などできちんと記録することで証拠を残します。

これらの証拠は、浮気した本人に突きつけて改心や謝罪を迫る場合にも役に立ちますが、一方、結婚した夫婦間における浮気においては、それが離婚調停などに発展した場合に法廷証拠となる場合もあります。探偵による浮気調査はそうした長いスパンを見つめた上でも大きな助けとなってくれることが多いのです。
生活費が足りない時どうする?

浮気調査は専門スタッフのいる探偵事務所に

夫婦の間でもっともリスクがあるのがご主人や奥様の心移りです。共働きも増えすれ違いも多くなるとケンカも絶えなくなります。お互いが理解し合い、思いやりが大切ですがそれでも時に傷つけ合ってしまうのです。浮気調査も年々増加傾向にあります。これは男性ばかりではありません。意外と主婦にも多いのが実情です。仕事で忙しく家を開ける機会もたくさんありますので、自由な時間があればいくらでもできます。身近にいる人とそうした関係になってしまう事例があります。
学校や行事を通じて他の子供の親とも親密になるケースが意外と多いのです。探偵事務所に相談に来る割合も男性による依頼が増えています。浮気調査は特殊な技術や経験が必要な為、専門のプロにお願いします。行動を細かく分析して決定的な証拠を押さえます。これは調停などでは有効ですので早期解決にも繋がります。しかし夫婦の間にある大切な信用を失う危険もありますので注意しなければいけません。絶対に秘密は守られますが万が一を考えなければいけません。特に思い込みなどで浮気調査を探偵事務所に依頼される事例もありますので確証を得られてからのほうが安全です。
やはり浮気は決して許される事ではありません。その代償は計り知れません。

弁護士に依頼する前に、費用はかかっても浮気調査を

たとえば配偶者の浮気が原因による離婚裁判や離婚調停などを真剣に考えているのであれば、たとえ費用はかかったとしても、探偵に浮気調査を依頼されることをおすすめします。
離婚裁判や離婚調停を行う際には、もちろん法律のプロである弁護士のサポートも必要になりますが、それよりも先に、探偵に浮気調査を依頼し、配偶者が浮気をしているという明白な証拠を入手しておくことで、圧倒的に有利な戦いをすることが可能になります。
たとえば裁判の際に、「配偶者が浮気をしていたことは確実です」と口頭で述べるよりも、不貞の現場を撮影したビデオや写真などの明白な証拠を提出することができれば、裁判官の心証面でも有利になります。
浮気調査を探偵に依頼すれば、調査のための費用や調査をするに当たって必要になった交通費などの調査実費の支払いも必要になりますが、それらの浮気調査のための費用を支払ってでも、不貞の明らかな証拠を入手しておくことは、どんな場合においても、相手側よりも格段に有利な立場になります。
離婚裁判や離婚調停を行う際に有利な戦いをするためにも、ぜひ早い段階で探偵に浮気調査を依頼し、明白な不貞の証拠を入手しておくことが肝要といえるでしょう。

浮気調査を行う場合は資料請求して見積もりを比較する

浮気調査を行う場合、いろいろな探偵事務所に資料請求をして見積もりを出してもらうことができます。浮気調査を行う場合、しっかり浮気の証拠を掴んでもらう事も大切ですが、かかる費用も重要なポイントです。かかる費用を抑えることができれば経済的な負担を軽くすることができるのです。また見積もりを出してもらうことで利用する探偵事務所を選ぶときの参考にすることができるのです。浮気調査では基本的な料金以外に浮気しているという確実な証拠を掴んだときに料金が発生する場合と証拠を掴むことができたかできなかったかということは関係なく料金が発生する場合があります。証拠を掴んではじめて料金が発生する探偵事務所を利用することで安心して浮気調査を依頼することができるのです。資料請求することで利用する前に複数の探偵事務所を比較することができ、自分に合った探偵事務所に浮気調査を依頼することができます。また浮気調査に含まれる料金の明細も比較することができるので、どのような調査を行うのかという判断をすることができるのです。一生を左右するかもしれない浮気調査を依頼するには見積もりを比較して信頼できる探偵事務所を選ぶということが大切です。

探偵に依頼する浮気調査の金額

浮気調査を探偵に以来する場合の金額は、依頼するところによって多少の違いはありますが、1時間あたり約1万円×調査員数×調査時間×日数+交通費などの経費で割り出されるのが一般的です。中には調査の期間が長くなると割引料金が適用され1日あたりの単価が下がるところや、依頼主の予算に合わせたプランを立ててくれるところもあります。
1日や2日の浮気調査で証拠をつかむのは難しいため、目安となる金額は5日間でだいたい70万円から100万円です。浮気調査の対象が、仕事が忙しいなどの理由で相手に会っていなかったり、用心深い性格であったりするとさらに日数がかかる場合もあります。
また、浮気現場を押さえた回数や事前に把握していた情報の有無によっても、料金は変動します。通常、証拠は3回押さえておくのが一般的です。3回分の証拠があれば、裁判になったときに浮気と認められるからです。そのため、証拠の数が多いほど料金は高くなります。また、調査対象の浮気相手の素性がまったくわからず1から調べてもらう場合は料金が高くなり、逆に浮気相手の名前、電話番号、勤務先などの情報がある程度そろっているうえで依頼すると安くすむ場合もあります。

浮気調査で得た浮気の証拠

配偶者や恋人に浮気をされ、自分ではなかなか事実を突き止められなかったり、確実な証拠が得られず相手が浮気の事実を認めなかったりした場合に探偵などの専門家に浮気調査を依頼します。
まず、調査してほしい内容を伝え、依頼料を支払い、配偶者や恋人の浮気の実態や浮気相手の身辺調査、関係はまだ続いているのかなど写真や音声などの様々な証拠を得る事ができます。
既婚者の浮気調査では配偶者との離婚を望んでいるが相手が離婚を拒んでいる場合や慰謝料や養育費などでもめて条件を有利にしたい場合、不貞を働いた配偶者とその不倫相手に対してそれぞれ慰謝料を請求することができるので浮気の証拠は実に重要になってきます。
また、婚約をしている恋人の浮気調査でも慰謝料を請求できることもあり、弁護士に相談する前に専門家に証拠集めを依頼する事で調停での協議がより有利に働きます。
浮気の期間が長ければ長いほどさかのぼって調査し、それに見合った慰謝料が請求できるため、写真や音声、相手のスケジュールなど自分では調査できない事も依頼でき、写真や音声は決定打となるため有利になります。
報酬は調査内容や調査の期間、探偵自信の相場などによって異なります。

離婚裁判をするなら浮気調査をしておくことが得策

もし配偶者の浮気が原因による離婚裁判をしようと考えているのなら、ぜひ早い段階で浮気調査をしておくことを強くおすすめします。
いざ離婚裁判が始まれば、法律のプロである弁護士によるサポートが必要になりますが、裁判の中で裁判官に有利な心証を形成してもらうためにも、調査のプロである探偵に浮気調査を依頼し、浮気の明白な証拠を入手しておくことが必要なのです。
探偵に浮気調査を依頼すると、対象となる人物の行動を調査し、その尾行することによって、不貞の明白な証拠を入手することが可能になります。たとえば不貞の現場を写真やビデオなどで撮影した証拠を入手しておくことで、離婚裁判では不貞の証拠として、提出することができるのです。
たとえ浮気をしていることが明白でも、それを証明するものがなければ、裁判での戦いは決して有利とは言えません。誰が見ても明白な証拠を提出することで、圧倒的に法廷の場でも、有利な戦いをすることができるのです。
浮気調査を依頼することで、調査費用は必要になりますが、離婚裁判の場で有利な戦いを進められることを考えると、早い段階で浮気調査を行って、不貞の証拠を入手しておくことが得策であるといえるでしょう。

浮気調査は探偵事務所と携帯電話ならどちらが有効か?

浮気が気になる、そんな夫婦の方は多いと思います。
そのためには、浮気調査をしなければなりません。
しかし、浮気調査といってもどうすればいいのでしょうか?
夫または妻の携帯電話をこっそり覗き見る?
それとも、再三再四、動向を探る?
時間は有限、そんなことをしていては手間も気力もかかってしまいます。
携帯電話をのぞき見てしまえば、そのあとどう彼、彼女と接していいかわかりません。
そんな時に重要なのが、浮気調査をしてくれる第三者の存在です。
それが「探偵事務所」です!
しかし、サスペンスやミステリーの小説・ドラマ・映画に出てくる「探偵事務所」には、知的でどこか取り付けない探偵とその助手がいるものです。
しかし、現実の「探偵事務所」は、主に浮気調査を行うことが通常の業務です。
他にも、いろいろな業務がありますが、探偵の仕事とはつねに何かを「探」って、依頼人に密「偵」することなのです。
決して、行きにくい場所ではありません。
夫や妻が浮気をしているのではないか?
その悩みに答えられるのは「探偵事務所」、それ以外にありません。
現代の探偵は、浮気発覚後のケアも十分にしてくれます。
気兼ねなく訪れるといいでしょう。
もし、調査をして夫あるいは妻が無実なら、それにこしたことはありません。
探偵はつねに、市民である私たちの味方です。